流浪熊のお仕事日記

デフォルメの怪獣やガンダム系キャラ・メカを製作しているアマチュア原型師の日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

べムスター…の巣?作り方

イベント会場にて、何名かの方から作り方を訊かれたので、今日はべムスターの巣?の制作の仕方を掲載したいと思います
材料はこんな感じです
●100均で売っている紙製のワシャワシャ梱包材
●木工用ボンド
●カッターナイフ(大)
●清涼飲料水500mlのペットボトル
●瞬間接着剤(使う事もある…程度なので無くても問題無いです)
●ハサミ(写真には載ってないですけれど)

14333991960.png


先ずはペットボトルの下5cmくらいをカッターナイフでぱっかーんと切り落とします
カッターの出番はこれでおしまいなので、ペットボトルが切れるならカッターナイフでなくても大丈夫です

14333992200.png

使用するのはペットボトルの底の部分です
梱包材を適量出して延ばします
今回購入した梱包材は二色セットでしたので、適当に二種を混ぜて作ってみたいと思います

14333992440.png

延ばした梱包材をよって、こよっていきます

14333992580.png

こよった梱包材を側面に木工用ボンドを塗ったペットボトルの底の周りに巻いていきます
写真ではこより方があまくて少し拡がってしまいましたけど、こよりの端をペットボトルに押し当てながら巻く時にまたこよりを補強しながら巻いていけば良いです
うーん適当

14333992740.png


イメージではスプリングみたいな感じで螺旋を描きながら下から巻いていくと良いと思います

巻き終わったらこんな感じです
結構、毛羽立っているので見た目汚ないですね…
まぁ、とりあえず木工用ボンドを乾燥させます

14333993060.png


木工用ボンドが乾いたら、ハサミで毛羽立ちをカットしていきます
毛羽立ちが無くなると以外に見映えるでしょう?

14333993310.png


完成しましたので、べムスターを巣?に入れてみました
ペットボトルの外側の下面は安定性が悪くなるので梱包材を付けない方が良いと思います

14333993810.png


今回は一匹用に500mlのペットボトルでしたけど、二匹用は1.5㍑のペットボトルや、1㍑のみりんのペットボトル等が手頃なサイズです

良かったら試してみて下さい
スポンサーサイト
ベムスター | コメント:0 | トラックバック:0 |

口開けベムスターの作り方

WFでは何度となく再販をさせて頂いたベムスターですが、キットが二種類に対して展示完成品が三種類なのを、果たして何人の方が気付かれましたかね…

D・MONSTERではワンパーツのキットをワンコイン(¥500)として販売させて頂いたシリーズが有り、その中の一つにこのベムスターも存在します

ベムスターのキットは立ちポーズのベムスター・飛びポーズのベムスターの二種類を販売してますが、展示完成品は口を開けたベムスターも展示してました

今回は口開けベムスターの作り方を掲載します


キャストは温めると軟らかく成る性質が有ります
その性質を利用して口開けベムスターを作ります

ベムスターのキットとドライヤーを準備します
ドライヤーの温風でベムスターを温めながら、口のラインをナイフでなぞる様に少しずつ切っていきます
ドライヤーの温風で火傷をしたり、力任せにキャストを切ろうとして手を切らない様に充分に気をつけて下さいね
HI3D00620001.jpg


ある程度切ったら、口の間にヘラ状の物を差し込み、ゆっくり少しずつ口を下方向に開きます
注意点は温めながら作業する事と、一気に口を開かない事ですね
HI3D00630001.jpg


まだ切れ目が足りない場合は、またナイフで切りながら、またヘラでゆっくり開くと言う作業を繰り返せば、口開けベムスターの完成です
HI3D00640001.jpg

ベムスター | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。